クリアな目元に

目の周りを触れる

同じように見えて

目の下に濃く刻まれてしまうクマは、どれも同じようなものに見えてその実、三つの種類があり、治したい、なんとかしたい、となれば自分の目の下に出来ているクマはどういった種類のものなのかを知ることが大切です。クマには黒、赤、茶、と種類があり、それぞれ色によって目の下に出来てしまう原因が違ってきます。
例えば黒いクマは加齢に伴って垂れ下がり、そして押し出された眼窩脂肪が影を作っていたり、赤色であれば睡眠不足や血行不良、顔の皮膚のたるみが原因とされ、茶色の場合はメラニン色素が沈着してしまったものとされています。一言に目の下のクマと言っても、人によってどうしてできたのかと言うその原因は大きく違ってきますから、本当に何とかしたいと思ったらどのタイプかを見極め、適切な対処を受けることが解決への何よりの近道となります。

相談はプロへ

自分の目の下のクマがどのタイプなのか、またそのタイプにはどういった対処がベストなのかというのは、その道のプロである美容外科の先生に診てもらうことをおすすめします。というのも、軽度であれば日頃の生活習慣を少し改めたり、表情筋の使い方を意識するだけで変化を見込めますが、本当に対処が必要な場合はそれぞれに合った治療、手術が必要になることもあります。
ヒアルロン酸などを注入してくぼみをなくすと言った方法からメラニン色素を排出すると言った方法、そして余分な脂肪を取り除いてしまう手術などは、美容外科へ行かないことには受けられません。ですから気になるな、どうにかしたいな、そう考えているのであれば一人で鏡とにらめっこし続けるのではなく、今一度カウンセリングを受け、適切な対処法とはなんなのかを診てもらうのが一番だと言えるでしょう。

TOP